メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本チェーンストア協会/10月売上高、内食化需要や気温低下で2.8%増

2020年11月26日月次

関連キーワード:

日本チェーンストア協会が発表した10月のチェーンストア販売概況(会員企業56社、1万871店)によると、総販売額は1兆486億円(店舗調整後前年同月比2.8%増)となった。

部門別の販売額では、食料品7138億円(2.7%増)、衣料品693億円(4.0%増)、住関品2040億円(3.8%増)、サービス22億円(14.6%減)、その他592億円(0.7%減)。

10月度は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策の一つであるテレワークなどによる内食化需要などもあり食料品は引き続き好調だった。

衣料品はビジネス関連商品の動きが鈍いがその他の商品は気温の低下とともに動き始め、住関品もまずまずの動きだったことから、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった。

農産品は、大根、白菜、キャベツ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、長ネギ、かぼちゃ、さつまいも、きのこ類など好調だったが、レタス、ブロッコリーなどの動きは鈍かった。果物では、ぶどう、みかん、りんご、柿、シトラス、バナナなどの動きは良かったが、梨などの動きは鈍かった。

畜産品は、牛肉、豚肉、鶏肉ともに好調だった。鶏卵、ハム・ソーセージはまずまずの動きだった。

水産品は、刺身、盛り合わせ、まぐろ、たい、サーモン、生秋鮭、切身、うなぎ、牡蠣、あさり、生筋子、魚卵、冷凍魚、塩干物、干物などは好調だったものの、生かつお、生さんま、しらす、海藻類などは不調に終わった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方