流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





日本生協連/10月の総供給高0.4%増、5カ月ぶりの前年超え

2022年11月22日 10:50 / 月次

日本生活協同組合連合会(日本生協連)が11月22日に発表した全国65主要地域生協の10月の供給状況(速報値)によると、総供給高は2366億4900万円(前年同月比0.4%増)で、5カ月ぶりの前年超えとなった。

<主要地域生協の10月度実績>

部門 前年比 総供給高に対する構成比
総供給高 0.4%増
店舗 1.9%増 31.9%
宅配 0.6%減 65.8%
その他供給高 7.3%増 2.3%

内訳は、店舗755億9000万円(1.9%増)、宅配1556億1900万円(0.6%減)、宅配のうち個配1150億2700万円(0.2%減)だった。その他供給高は54億3800万円(7.3%増)。

10月度の総供給高は、5カ月ぶりの前年超えとなった。店舗は、物価高騰による一点単価上昇などで、7カ月ぶりに前年超えとなった。水産品を除くすべての部門で前年を上回った。また、9月下旬は値上げ前の駆け込み需要による伸長がみられた。

宅配は、5カ月連続の前年割れだったが、前月度に比べて割れ幅は改善した。衣料品・住関品の伸長に加えて、酒の値上げ前の駆け込み需要などにより、客単価が上昇した。

■日本生協連の関連記事
日本生協連/9月の総供給高2.1%減、4カ月連続の前年割れ

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧