メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三越千葉店、三越多摩センター店/来年3月20日に閉店

2016年09月07日店舗経営

三越伊勢丹ホールディングスは9月7日、三越千葉店、三越多摩センター店の営業終了を決めた。

将来的に収益の改善が見込めない店舗・事業の構造改革を行うことにより、限られた経営資源を新たな成長分野に再配分し、これまで以上に満足いただけるサービスを提供することで、積極的な成長を果たす狙い。

三越千葉店は、ピーク時(1991年)には売上高500億円にまで拡大したものの、バブル崩壊以降は売上が低下し、赤字が恒常化していた。

今後は、千葉駅ビル再開発等、エリア内の商業面積拡大が大きな脅威となることが想定され、現店舗での運営を続ける上では設備を維持するための多大な投資が必要となる中、投資回収の見込みが立たないことなどを踏まえ、2017年3月20日(予定)で営業を終了する。

営業終了後は、外商・ギフト・学生服のお客に対して、小型サロンを現店舗周辺に開設し、営業を継続するとともに、三越日本橋本店、三越銀座店、千葉県内の小型店舗をもって、千葉エリアのお客様に対してこれまで以上に満足を頂ける商品とサービスを提供する。

三越多摩センター店(ココリア多摩センターのテナントとして出店)は2000年に開業し、ピーク時(2007年)には70億円弱まであった売上高も低下傾向が続き、上層階の業態転換により顧客数は増えたものの、「三越のれん」としての強みを活かしきれない状態が続いており、今後も業績の低迷が続くことが想定され、営業の継続が難しいと判断し、2017年3月20日(予定)で営業を終了する。

なお、従業員の内、無期雇用者については、他部門・他店舗で引き続き活躍する場を提供する。

有期雇用契約社員については、営業終了時点で他店舗などでの就業を希望する者に対して、個々人の適性を鑑み、再雇用を予定している。

■三越千葉店の概要
所在地:千葉県千葉市中央区富士見2-6-1
沿革:1984年ニューナラヤを千葉三越に商号変更
2003年百貨店5社による新設合併で三越千葉店となる
売場面積:24,787m2
売上高:126億5600万円(2016年3月期)
従業員数:229名(無期雇用者128名、有期雇用者101名)

■三越多摩センター店の概要
所在地:多摩市落合1-46-1
沿革:2000年開店
売場面積:13,373m2
売上高:63億2100万円(2016年3月期)
従業員数:53名(無期雇用者33名、有期雇用者20名)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方