小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三井不動産/(仮称)博多駅前二丁目ホテル計画に着工

三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは5月15日、福岡市博多区博多駅前で、(仮称)博多駅前二丁目ホテル計画を着工した。

<計画地>
計画地

プロジェクトは、三井生命保険が所有する土地に三井不動産がホテルを建築し、竣工後に三井ガーデンホテルとして、三井不動産ホテルマネジメントがホテル運営を行うもの。開業は2019年夏を予定する。

計画地はJR博多駅から徒歩7分と交通利便性に優れ、繁華街中洲からも徒歩圏と、観光やビジネスに大変便利な立地にある。

福岡空港や博多港への外国人観光客数は5年連続で過去最高を更新しており、今後もますます国内外の観光客の増加が期待されるエリアという。

三井ガーデンホテルチェーンは、現在、全国で20施設5337室を運営しており、今回、福岡県内では初の三井ガーデンホテルとなる。

計画概要
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前2-173-1他(地番)
敷地面積:1583.87m2
延床面積:1万660.66m2
構造規模:鉄骨造地上13階建
客室数:約300室(予定)
開業:2019年夏(予定)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧