小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ドン・キホーテ/北海道内12店で営業再開、3店は店頭販売

ドン・キホーテは9月10日、北海道胆振東部地震を受け、道内15店の営業状況と節電対策を発表した。

<ドン・キホーテ本社>
ドン・キホーテ本社

道内15店のうち13店は10日~14日、一部の店舗を除き、営業時間を短縮して営業する。3店舗は、店内の商品散乱などの被害があり、店内にお客を入れることができないため、一部商品のみを店頭で販売する。

10日からドン・キホーテ手稲店は9時~13時に店頭販売を行っている。ドン・キホーテ平岡店と同北24条店は10日は休業しているが、明日以降、店頭販売を行う予定だ。

ドン・キホーテ(長崎屋)小樽店は9時~21時、長崎屋中標津店は10時~20時、長崎屋帯広店は10時~21時、通常営業をしている。

MEGAドン・キホーテ旭川店、同函館店、同新川店、同苫小牧店、同西帯広店、ドン・キホーテ釧路店は9時~22時の短縮営業となっている。

ドン・キホーテ狸小路店は9時~24時、同函館七重浜店は10時~22時、ドン・キホーテ(長崎屋)室蘭中島店は9時~22時まで短縮営業をしている。

商品供給については、緊急支援物資が優先されていることもあり、遅滞が生じているが、順次、通常配送を目指すという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧