小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

NTT都市開発/オフィス・店舗複合「アーバンネット名古屋ネクスタビル」

店舗/2020年01月16日

NTT都市開発は1月16日、名古屋市東区において開発を進めている計画建物の新築工事に着手し、建物名称を「アーバンネット名古屋ネクスタビル」に決定したと発表した。

<アーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossaと一体的に整備>
アーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossaと一体的に整備

計画地は、名古屋の都心部である栄地域において、桜通と久屋大通の交差点角地に位置。名古屋のシンボルであるテレビ塔を構えた自然豊かな公共空間である久屋大通公園に面していることから、都心部ならではの高い利便性と、豊かな緑に囲まれた解放感と落ち着いた環境による希少な立地性を備えている。

計画建物は、地上20階地下1階、延床面積約3万300m2、店舗・カンファレンス複合で、NTTグループなどの最先端ICTを結集した次世代型先進オフィスビルで2022年春の開業を予定している。

また、地下鉄久屋大通駅・栄駅へ地下街で直結することでアクセス性を高めた。

同一街区に同社が保有するアーバンネット名古屋ビル、商業施設Blossaと一体的に整備することで、街区としての賑わいと魅力を創出するまちづくりを行い、栄地域の活性化に貢献していく。

■アーバンネット名古屋ネクスタビル
所在地:愛知県名古屋市東区東桜1-1
敷地面積:約1934m2(新築部分)
延床面積:約3万300m2
建物高さ:約90m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造(制振構造)
規模:地上20階、地下1階、塔屋1階
用途:オフィス、店舗、カンファレンス

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧