メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三井不動産/福岡市青果市場跡地に商業施設、2022年春開業

2020年11月13日店舗

三井不動産、九州電力、西日本鉄道は11月12日、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について起工式を行った。

<福岡市青果市場跡地に商業施設>
福岡市青果市場跡地に商業施設

同施設は、延床面積約20万6400m2の5階建てで、駐車場台数は約3050台、開業は2022年春を予定している。

計画地は、幹線道路である筑紫通りに接し、福岡外環状線にも至近。優れた道路交通網を有している。広域交通拠点である福岡空港、博多駅と近接しており、広域からのアクセスに優れた立地となっている。

JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩圏内にあるとともに、計画地内にバスターミナルを新設予定であるなど、公共交通機関での交通利便性も充実している。

<都市機能の充実に寄与>
都市機能の充実に寄与

今回の開発は、広場空間や商業機能を中核に、福岡・九州の魅力発信、周辺地域の生活の質の向上、開かれた場づくりといった都市機能の充実に寄与するもの。

福岡市におけるまちづくりの新たな拠点として、多様な人々が集い出会う広場空間をはじめとした、コミュニティの拠点となる活気あふれる商業空間を創出。新たな生活様式に対応した施設計画とすることで、福岡市が進める感染症対応シティの取り組み、安全安心で魅力的なまちづくりに貢献していく。

商業部分は、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設といった話題性の高い店舗をそろえる。ファミリー層はもちろんのこと、シニア・ヤング層まで幅広い世代が楽しめる、出会いと体験に満ちた新しい施設を目指す。

また、コンセプトの異なる多彩で多機能な広場(パーク)を敷地全体に計画。 フットサルコート、テニスコート、200mトラックを有するスポーツパークなど、地域住民をはじめとした多様な人々が集い出会う場を提供する。

<周辺地図>
周辺地図

■「(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業」計画概要
事業者:博多那珂6開発特定目的会社
所在地:福岡市博多区那珂6-351他(福岡市青果市場跡地)
敷地面積:約8万6600m2
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上5階、地下1階建
立体駐車場棟:鉄骨造地上7階建 2棟ほか
延床面積:約20万6400m2※立体駐車場棟含む
駐車台数:約3050台
交通:JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分
スケジュール:建築着工2020年11月、竣工・開業2022年春(予定)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月02日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方