メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

丸井錦糸町店/優先エレベーター利用案内報知サービスの実証実験

2020年12月21日店舗

丸井は12月22日~2021年3月中旬まで、東京都墨田区の「丸井錦糸町店」で、パナソニック、パナソニック システムソリューションズ ジャパンとの共創の取り組みとして、「優先エレベーター利用案内報知サービス」の実証実験を実施する。

店舗で、「優先エレベーターと気が付かずに利用する顧客が多く、車椅子や白杖などを利用する顧客が優先エレベーターをなかなか利用できない」という課題を解消するため、パナソニックのAI(人工知能)を用いた画像物体検知技術を活用し、優先エレベーター利用状況の改善に向け「優先エレベーター利用案内報知サービス」の実証実験を行う取り組み。

<天井のカメラが対象を検出すると、スピーカーからアナウンス流れる>
天井のカメラが対象を検出すると、スピーカーからアナウンス流れる

実証実験では、導入階の1階とレストラン街の7階のエレベーターホールに、パナソニックのセキュリティカメラとスピーカーを各1台ずつ設置。天井に設置したカメラが、車椅子、白杖、ベビーカーを検出すると、優先エレベーターを優先的に利用できるように、スピーカーから、優先的に利用できるよう協力してほしい旨を自動アナウンスする仕組みとなっている。

譲り合いの協力を促すことで、多様な顧客が気持ちよく、安心して利用できる施設づくりの実現を目指す。

丸井錦糸町店は、年齢や性別に関係なく、高齢者、障がい者、外国人やLGBTQの人など、すべての顧客が楽しく安心して買い物できるよう、設備環境と接客の両面から、居心地のよい店づくりに取り組んでいる。

6月に情報発信・交流拠点のミライロハウスがオープンしたことをきっかけに、車椅子や白杖などを利用する顧客の来店が増えており、インクルーシブな店づくりに注力しているという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方