メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ゲオ/大阪に関西初の大型リユース店「スーパーセカンドストリート八尾店」

2021年04月09日店舗

ゲオホールディングスのグループ会社のセカンドストリートは4月29日、大阪府八尾市に関西地区で初の大型リユースショップ「スーパーセカンドストリート八尾店」をオープンする。

<スーパーセカンドストリート八尾店>
0409geo1 - ゲオ/大阪に関西初の大型リユース店「スーパーセカンドストリート八尾店」
店内では、衣料・服飾品や家具、家電、楽器、スポーツ、アウトドア用品、ゲームなどの約10万点のリユース商品を展開する。

<店の内観>
0409geo2 - ゲオ/大阪に関西初の大型リユース店「スーパーセカンドストリート八尾店」
レディースやメンズなどの衣料品やラグジュアリー商品のコーナーでは、ディスプレイを設け、季節やトレンドを反映したファッションスタイルを提案。雑貨コーナーでは、新生活やゴールデンウィークなどのイベントや季節に応じた商品を集め、ライフスタイルを推奨する。

セカンドストリートは、ゲオグループが運営するリユースショップ。衣料・服飾品や家具、家電などを取り扱う総合リユースショップのほか、アウトドアや楽器、買い取り専門店など商材に特化した専門店、地域の特性に合わせてメンズやラグジュアリーブランドに特化したコンセプトショップなどを出店。全国で約700店を運営する。

スーパーセカンドストリートは、セカンドストリートよりも売場面積が広く、商品数も多のが特長の店舗。店には、専門性の高いスタッフが在籍し、商品数を生かした売り場作りを行っている。

2013年に1号店をオープン。これまで千葉県(八千代店、柏沼南店)埼玉県(大宮日進店、所沢トコトコスクエア店)、北海道(大谷地店)、愛知県(名古屋みなと店)、福岡県(箱崎店)、宮城県(イオン仙台中山店)、神奈川県(厚木林店)、石川県(金沢示野店)の10店舗を展開。今回、11店目として関西で初の出店を行った。

セカンドストリートでは、スーパーセカンドストリートが、1つのジャンルで幅広い商品を取り扱うことから、専門スキルの向上や人材育成の場と位置付ける。また、生活シーンを提案する売場や新しい取り組みなども行うため、その成果を既存のセカンドストリートに横展開する役割も担うとしている。同社では今後も様々な形態で出店を続け、2023年3月末までに800店舗を目指す。

■スーパーセカンドストリート八尾店
住所:大阪府八尾市東本町4-2-50
営業時間:10時~22時(年中無休)
TEL:072-990-2370
売り場面積:約1487m2
取扱商品(販売・買い取り):メンズ(衣料品・服飾品)、レディース(衣料品・服飾品)、キッズ(衣服・用品)、ラグジュアリーブランド、家具、家電、生活雑貨、楽器、スポーツ、アウトドア、ホビー、自転車、携帯電話、金券、貴金属、ゲーム

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方