メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スノーピーク/新潟市で住宅・商業・宿泊の街づくり「野きろの杜」に参加

2021年12月01日店舗

関連キーワード:

スノーピークは12月1日、新潟土地建物販売センターと石田伸一建築事務所と協働して、2022年10月に新潟県新潟市西蒲区和納地区へ住宅街「野きろの杜」をオープンすると発表した。

<「野きろの杜」イメージ>
20211201snow 728x410 - スノーピーク/新潟市で住宅・商業・宿泊の街づくり「野きろの杜」に参加

「野きろの杜」は、約2万1818m2の広大な敷地内に、34区画の分譲地と8戸の賃貸住宅からなる「住宅エリア」、ショップやイベントを通して交流が生まれる「コマーシャルエリア」、宿泊体験ができる「ゲストハウスエリア」を整備する。

同プロジェクトでは、新潟土地建物販売センターが不動産開発と全体企画管理を担い、石田伸一建築事務所が住宅の建築をはじめ、共有空間のデザインなどを担当。スノーピークはキャンプで培った経験をコミュニティーづくりに生かすべく、住宅に「野遊び」の要素を取り入れるアウトドアリビングや広場の監修などを行う。

スノーピークは2015年より、身近に自然を感じる住まいや暮らしを提案する「アーバンアウトドア事業」を展開しており、住宅向けの商品ラインナップを強化。マンション開発、分譲地開発などへの参画を積極的に進めている。戸建て分譲地における、まちづくりへの参画は、新潟県新潟市「天野エルカール」(2018年春完成)と山形県山形市「山形エコタウン前明石」(2019年6月完成)に次ぐ3例目となり、約2万1818m2の大規模なまちづくりは、スノーピークにとって今回が初めての取り組み。

三社の知見や経験を活用して、短絡的な利便性・収益性ではなく、中長期的な視点で、街を育てて魅力を増進するとともに生活の質の向上を図り、新しい街と住まいの在り方を提案する。

ファイヤーピット(たき火台)があるコミュニティー広場が街の中心。家からキャンプ道具を持ち出し、広場でバーベキューをするのが日常的な風景になるという。

ゆとりある共有スペースを活用して、定期的にマルシェを開催する予定だ。

■野きろの杜
所在地:新潟県新潟市西浦区和納1358番
完成: 2022年10月(まちびらき予定)
売主:新潟土地建物販売センター

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方