メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

トライアル/北海道初のスマートストア「メガセンタートライアル旭川店」

2021年12月01日店舗

トライアルカンパニーは12月1日、北海道初のスマートストアとしてスマートショッピングカートやAIカメラを実装した「メガセンタートライアル旭川店」をオープンした。

<メガセンタートライアル旭川店イメージ>
20211201trial 728x404 - トライアル/北海道初のスマートストア「メガセンタートライアル旭川店」

同日に近隣の「スーパーセンタートライアル神楽店」、「スーパーセンタートライアル永山店」にもスマートショッピングカートを導入する。スマートストアは、同社グループにおいてIoT機器、AI技術を導入し、データの利活用をもとに新しい購買体験を提供したり、効率的な運営を可能にしたりする店舗形態を指す。

「メガセンタートライアル旭川店」は、自社開発の「スマートショッピングカート」を約200台、「リテールAIカメラ」を約100台導入。「デジタルサイネージ」も約150台運用し、「レジ待ちなし」「顧客と商品のマッチング」など、リアル店舗の機能拡張や価値増大を図る。

リアル店舗での買物は約8割が「非計画購買」(入店前に購入を計画していなかった商品について、店内で購入を決定すること)といわれている。そのような中で、スマートショッピングカートのレコメンド、クーポン配信、デジタルサイネージを活用した独自コンテンツでの訴求といった「リアル店舗のメディア化」をテーマとして取り組むという。

「スマートショッピングカート」は、専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するスキャナーで顧客自らが商品バーコードを読み取ることで通常のレジでの商品登録、会計の手順を省き、専用ゲートを通過するだけでキャッシュレス会計を済ますことができるのが特徴。

レジ待ちの時間を大幅に短縮すると共に 、店舗オペレーションの省力化を実現する。売場でスキャンした商品に応じたレコメンドをカート付属のタブレット画面に表示したりその場で使えるクーポンを配信したりするといった機能も搭載している。スマートショッピングカートは、全国270店舗のトライアルのうち54店舗で合計約5800台稼働している。

「リテールAIカメラ」は 、 小売店での使用に特化したAIエンジン搭載カメラ。商品棚の監視、顧客の店内での動線分析を行うことで、発注、補充オペレーションの最適化を図り、顧客が欲しいものを欲しい時に買える、快適な売場づくりに寄与する。リテールAIカメラは、トライアル65店舗で合計約3900台導入している。

「デジタルサイネージ」は、店舗全体もしくは売場単位で、全ての機体が同一の音声付き動画・静止画を表示する「フィーバータイム」、惣菜売場で作りたて・揚げたて商品の品出しを知らせる「出来たて動画」など、顧客に新たな価値を提供するためのさまざまな試みを行っている。トライアル42店舗で約1400台採用されている。

さらに、全国各地に展開するトライアルは、取扱商品のローカライズも進めており、旭川店 ・永山店・神楽店限定で「小樽仕込み北見産たまねぎ天」「でっかい鶏ザンギ弁当」「十勝風豚丼」といった地域に根ざした惣菜商品の販売も開始。トライアルグループ「明治屋」が手掛ける自社の惣菜ブランド「こはく本舗」は、食のプロが作ったレシピをもとにした店舗内調理によって、作りたてのおいしさを提供する。その他にも幅広い商品を取りそろえることで、生活必需店としてほしいものが欲しい時に買える快適な店舗づくりを目指す。

■メガセンタートライアル旭川店
住所:北海道旭川市6条通14-64
取扱商品:生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品など
営業時間:24時間(年中無休)
TEL:0166-74-3717
駐車場:730台
https://www.trial-net.co.jp/shops/view/533

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方