メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン

2021年12月17日店舗

関連キーワード:

LIFEstyle(大阪市)は12月18日、ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)に、台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe(ファンファンカフェ)ららぽーとTOKYO-BAY」をオープンする。

<米米cafeの「台湾カステラ」>
1217ffcafe1 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
台湾カステラは、京丹波で養鶏場を営む「みずほファーム」の濃厚な味が特長の「葉酸玉子」を使用する。

<「台湾カステラCUBE紅茶アールグレイ」(左)と「台湾カステラDECOケーキ焼きりんごとシナモン」>
1217ffcafe2 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
商品は、「台湾カステラCUBE紅茶アールグレイ」(税込500円)や、台湾カステラをショートケーキ風にアレンジした「台湾カステラDECOケーキ」で「台湾カステラDECOケーキ焼きりんごとシナモン」(650円)を販売。

<「台湾カステラフルーツサンド」(左)と「台湾カステラフルーツサンドいちご」>
1217ffcafe3 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
また、台湾カステラをフルーツと生クリームでサンドした「台湾カステラフルーツサンド」(780)、「台湾カステラフルーツサンドいちご」(680円)といったメニューなどを提供する。

<台湾ベビーカステラ>
1217ffcafe4 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
そのほか、「台湾ベビーカステラ」も用意。台湾ベビーカステラは、葉酸玉子とバターミルクで作った特製生地に発酵バターとはちみつを加え、鉄板で焼きあげた。

<「台湾ベビーカステラプレート いちごとベリー」(左)と「台湾たまごベビーカステラ サンデー」>
1217ffcafe5 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
メニューは、「台湾ベビーカステラプレート いちごとベリー」(980円)、「台湾たまごベビーカステラ サンデー」(980円から)などを売り出す。

<テークアウトの「発酵バターミルク(プレーン)」>
1217ffcafe6 - ららぽーとTOKYO-BAY/台湾カステラ専門店「台湾カステラ米米cafe」オープン
また、「発酵バターミルク(プレーン)」(15個:500円、30個:1000円)、「ザラメ」(15個:550円、30個:1100円)、「ブリュレ」(15個:680円、30個:1360円)をテークアウトで販売する。

■台湾カステラ米米cafe ららぽーとTOKYO-BAY
所在地:千葉県船橋市浜町2-1-1ららぽーとTOKYO-BAY 北館1F
TEL:047-421-7784
営業時間:10時~20時 (LO:19時30分)
定休日:施設に準ずる
席数:12席

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方