メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

メルカリ/商品梱包代行の実証実験、全国のメルカリステーション10店で開始

2021年12月24日店舗

関連キーワード:

メルカリの物流子会社のメルロジは12月24日、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品の梱包(こんぽう)から発送までを代行する梱包代行の実証実験を、東京を始めとする全国のメルカリステーション10店舗で開始したと発表した。2022年3月31日まで実施する。

<「梱包代行」の案内>
1224merulogi1 - メルカリ/商品梱包代行の実証実験、全国のメルカリステーション10店で開始
メルカリで売れた商品をメルカリステーションに持ち込み、手数料を払えば、メルカリステーションのスタッフが商品を梱包し、送り状を発行して商品を発送する。手数料は、商品1個につき梱包資材費用を含め税込300円。

<梱包代行の利用方法>
1224merulogi2 - メルカリ/商品梱包代行の実証実験、全国のメルカリステーション10店で開始
梱包は3辺の合計が160cm以内に収まる商品を対象にする。支払いは、スマホ決済サービス「メルペイ」、発送方法については「らくらくメルカリ便」のみ対応する。商品の発送では送料が別途かかる。

メルカリステーションは、東京が「新宿丸マルイ 本館」「町田マルイ」「北千住マルイ」、神奈川県は「ららテラス 武蔵小杉店」「マルイシティ横浜」「マルイファミリー海老名」「マルイファミリー溝口」、埼玉県が「マルイファミリー志木」、兵庫県は「神戸マルイ」、福岡県は「博多マルイ」の店舗が対象。町田マルイと神戸マルイは2022年1月31日までの対応となる。

メルロジが行ったアンケート調査では、出品未経験の人が出品しない理由に「梱包・発送作業が大変そうだから」を最も多く挙げる一方、梱包代行を利用したい人の調査では「梱包資材がない」「梱包方法が面倒・わからなかった」との回答が多かった。

これを受け、簡単に梱包から発送までを行えるサービスの需要があることが分かり、今回、梱包代行の実証実験を行うことにした。

同社では、実証実験で「資材を持っていない」「梱包の方法がわからない」といったメルカリ利用者のニーズに応えることに加え、個人で梱包が難しい精密機器や食器、ゴルフクラブ、家具といった大型商品などを梱包する敷居を下げ、スムーズな発送体験を提供するとしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方