メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急/東京・大井町の「PARK COFFEE」で余剰食品を届けるサブスク受付開始

2022年02月10日店舗

関連キーワード:

未利用の原材料を使ったアップサイクル食品の製造・販売などを手掛けるロスゼロ(大阪市)は2月15日、東急と協業し、東急が東京・大井町で運営するカフェ「PARK COFFEE」(東京都品川区)で、食品ロスのサブスクリプションサービス「ロスゼロ不定期便」の申し込みを開始する。

<「ロスゼロ不定期便」の受付を東急の「PARK COFFEE」で開始>

ロスゼロは、廃棄予定の余剰食品をランダムで届けるサブスクリプションサービス。届け日は不定期で、2カ月に一度、余剰分の食品が多く発生したタイミングで利用者に送付する。

食品はスイーツが中心で、食材も含まれており、食品ロスの状況にあわせて詰めるため、毎回変更する。価格は税込5000円で、送料は無料。2021年11月に開始し、2カ月で1000人超の申し込みがあったという。

<PARK COFFEE>

「PARK COFFEE」は、東急が地域のコミュニケーションスペースと運営するカフェで、地域コミュニティー拠点として、さまざまなイベントを開催。持続可能な街づくりの考えから、カウンターや座席は、東急線車両の座席や駅舎で使用されていた木材、スタッフのエプロンは、東急電鉄の技術員の制服を使っている。

今回の取り組みは、通常はオンラインでの申し込みである「ロスゼロ不定期便」を「PARK COFFEE」でも受け付けることで、消費者への食品ロスへの理解を促すことを目的に実施する。

ロスゼロと東急は21年10月に「PARK COFFEE」で、食品ロスとなる食品の販売会を開催。これをきっかけに「食品ロスを日常的に消費者に知ってもらうために今後もコミュニケーションの場を持続可能な形で持つことが望ましい」という目的で一致し、今回、東急のカフェで、ロスゼロのサブスクサービスの受付を始めることにした。

■PARK COFFEE
所在地:東京都品川区大井1-8-3
営業時間:平日:9時~18時、土日・祝:10時~18時
定休日:なし
アクセス:東急大井町線、JR京浜東北線、りんかい線の大井町駅から徒歩2分
https://www.parkcoffee-oimachi.com/

■ロスゼロ不定期便
https://www.losszero.jp/shopdetail/000000000412

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方