メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/加盟店と本部で取り組む省エネ対策を推進

2022年07月25日店舗

関連キーワード:

セブン‐イレブン・ジャパンは7月25日、加盟店と本部で取り組む省エネ対策を強化していると発表した。

例年、セブン‐イレブンの店舗運営に伴う電気使用量は、冷暖房機器使用の頻度が高まる夏季と冬季に増加する傾向にある。一方で、今年は電力需給ひっ迫の継続が想定されており、店舗における「省エネ」の取り組みがますます重要になっている。

そこで、セブン‐イレブンでは、従来から加盟店が実施する取り組みに加え、本部としても、各店舗の省エネ対策を推進する「省エネリーダー」選任の推奨や、店舗設備の省エネ効果を高めるポイントが確認できる従業員向け啓発動画の配信、店舗経営相談員(OFC)による「省エネアプリ」を活用したカウンセリングなど、加盟店と本部が一体となった省エネ対策の推進を目指すという。

<省エネ対策、重点6項目>

店舗のバックルームに、省エネ対策 重点6項目ポスターを掲出し、省エネ意識を店全体で共有する。項目を確認しながら日々主体的に店舗で対応している。

<省エネリーダーを選任>
省エネリーダーを選任

また、従業員のなかから、店舗の省エネに関する目標や取り組みを設定し推進する「省エネリーダー」を選任し、店全体で省エネに対する意識を高めている。

<動画も活用>
動画も活用

さらに、本部から配信される、店舗でできる省エネの取り組みをわかりやすくまとめた数分程度の動画で、省エネの取り組みを紹介する。

<カウンセリングも強化>
カウンセリングも強化

本部の取り組みとして、店舗経営相談員(OFC)は、加盟店との日頃のコミュニケーションのなかで、店舗の省エネにつながるカウンセリングを強化。現状分析、取り組み、検証を繰り返すことで、継続した省エネに向けて、店舗と取り組んでいる。

<スライドクリーンフィルター>
スライドクリーンフィルター

そのほか、省エネ効果のある設備の導入や、電気の「見える化」ができるスマートセンサーを設置し、日々の省エネにつなげている。店内照明のLED化と配灯見直しするほか、冷蔵ケース・冷凍ケースでは、スライドクリーンフィルターを搭載した。また、チルドケースエアカーテンの性能向上を図っている。なお、省エネ設備は店舗により導入状況が異なっている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方