小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

DCM/2019年度の売上高4600億円、営業利益230億円

DCMホールディングスは4月11日、中期経営計画(2017~2019年度)を発表した。

<数値計画>

最終年度となる2019年度の売上高は4600億円、営業利益230億円、経常利益226億円、当期利益140億円、営業利益率5.0%、ROE7.0%を目標とする。

経営方針は、「Demand Chain Management・お客さま視点からの流通改革」とした。

コーポレートスローガンは、「Do Create My style・くらしの夢をカタチに」と定めた。

グループは、2つの「DCM」実現に向け、環境の変化に柔軟に対応し、社会に望ましい仕組み、企業文化を創造することで、社会に不可欠な存在となることを目指す。

重点施策として、収益性の向上と次世代に向けた施策を実施。商品改革、既存店改革、新規事業・新業態開発、カスタマーリレーションインフラ構築に取り組む。

そのほか、物流・情報システム改革、ストアオペレーション改革、人事制度改革、間接コスト改革も行う。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧