メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

カゴメ/千葉と山梨にベビーリーフ農園新設

2017年12月08日経営

カゴメは2018年4月、需要が拡大するベビーリーフの供給体制の強化を目的として、千葉県千葉市にベビーリーフ菜園を開設する。

<ベビーリーフミックス>
ベビーリーフミックス

また、山梨県北杜市小池地区に2018年秋をめどに、既に北杜市で稼働している高根ベビーリーフ菜園に次ぐ、新たなベビーリーフ菜園を稼働させる予定。

野菜の幼葉の総称であるベビーリーフは、えぐみが少なく、やわらかな食感が特長で、生のままおいしく食べられる。

ほうれん草、小松菜など緑黄色野菜の幼葉が多く、健康価値の高い素材としても注目を集めている。

食に対する「健康」「時短」「簡便」「適量」などのニーズが高まる中、ベビーリーフはその彩りや手軽に多様な野菜を摂れることが支持され、サラダや様々な料理のトッピングとして使われている。

両菜園で栽培したベビーリーフは、パックサラダを製造するマイケーフーズに導入したベビーリーフを丁寧に水洗いし乾燥する設備を使用し、予め水洗いされた商品として販売する予定。

■千葉ベビーリーフ菜園
所在地:千葉県千葉市 花見川区
敷地面積:7.2ha
栽培面積:2.5ha

■小池ベビーリーフ菜園
所在地:山梨県北杜市 小池地区
敷地面積:6.0ha
栽培面積:3.4ha

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方