小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR九州/駅ビル事業とホテル事業を再編

経営/2018年12月26日

JR九州は12月25日、駅ビル事業とホテル事業を再編すると発表した。

100%連結子会社の実施する共同株式移転により、駅ビル事業とホテル事業について、新たに中間持株会社を設立するもの。

<再編後の組織図>
再編後の組織図

これに先立ち、小倉ターミナルビルを事業別(駅ビル事業とホテル事業)に分割する。

12月26日に、JR九州の100%連結子会社として「JR九州ステーションホテル小倉」を設立し、2019年4月1日に、小倉ターミナルビルを吸収分割会社、JR九州ステーションホテル小倉を吸収分割承継会社として吸収分割を実施し、前者のホテル事業を後者へ移管する予定だ。

駅ビル事業統括会社として、2019年4月1日に、駅ビル六社(小倉ターミナルビルを含む)の実施する共同株式移転により「JR九州駅ビルホールディングス株式会社」を設立する計画だ。

ホテル事業統括会社として、2019年4月1日に、ホテル三社(JR九州ステーションホテル小倉株を含む)の実施する共同株式移転により「JR九州ホテルズアンドリゾーツホールディングス株式会社」を設立する予定だ。

<現状の組織図>
現状の組織図

駅ビル事業とホテル事業の経営体制を見直し、より機動的かつ柔軟な意思決定と業務執行を可能とすべく、両事業において中間持株会社の設立を核としたグループ再編を実施するもの。

これにより、スケールメリットを活かし、営業力の強化と経営効率化、人材育成力の向上をはかるとともに、新たな事業の展開や既存事業の拡大を通じて、更なる成長と進化を目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧