メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤオコー/本社内の部・担当部を集約・削減「生産性向上」目指す

2020年01月20日経営

ヤオコーは1月20日、組織改正を発表した。3月1日付で実施するもので、第9次中計最終年度にあたり、経営方針に基づく優先課題の具現化と目標達成に向け、組織体制を整備する。

サポートセンター内の部・担当部を集約・削減、シンプルな組織とし、同時に業務を見直すことで、業務改善、生産性向上をはかる。

<ヤオコー本社>
ヤオコー本社

人事総務本部と経営管理本部を「管理本部」として統合する。現行の4本部体制を3本部体制に集約する。

■営業統括本部では、生鮮部とグロサリー部を再編

「営業統括本部」では、営業統括室を廃止し、所管の業務企画担当部を「コントローラー担当部」と名称変更し、「ヤオコーファーム担当部」、店舗サポート部内の「食品安全担当部」とともに、営業統括本部直轄とする。

営業企画部と商品戦略部を統合し「営業企画部」とし、所管する商品開発サポート担当部と商品開発担当部を統合し「商品開発担当部」とする。また、情報システム部内の「ライフスタイルマーケティング室」を営業企画部に移管する。

生鮮部とグロッサリー部の所管を再編、生鮮部内の「花担当部」を「青果担当部」に統合、「酒・ギフト担当部」と「住居関連担当部」を統合し「酒・住居担当部」とする。

情報システム部の所管を再編、「インフラシステム企画担当部」と「システム統括担当部」を「インフラシステム・統括担当部」として統合する。さらに営業企画部内の「ネットスーパー推進担当部」を情報システム部へ移管
する。

ロジスティクス推進部内に「小川貿易」を移管する。

特命推進部を廃止し、所管の「カイゼン担当部」と「都市型?型店事業担当部」を、店舗サポート部に移管する。

「開発本部」では、「開発統括部」と「プロパティマネジメント部」を統合し、「開発統括部」とする。店舗開発部内の「第4開発担当部」を廃止する。

「管理本部」では、 人事部と総務部を統合し「人事総務部」とする。所管の人事第1担当部」と人事第2担当部を「人事担当部」として統合、採用担当部と教育・研修担当部を「採用教育担当部」として統合する。

コーポレートブランド戦略部内のIR広報室とCSR担当部を統合し、「コーポレートコミュニケーション担当部」に名称変更する。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方