小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

NTTドコモ、メルカリ/業務提携で「メルカリID」「dアカウント」連携

経営/2020年02月05日

NTTドコモ、メルカリとメルペイは2月4日、更なる利便性とサービス向上、キャッシュレス推進、新規事業の検討などを目的とした業務提携した。

業務提携により5月から、「メルカリID」と「dアカウント」を連携させ、国内最大級の顧客基盤を構築する。

「dアカウント」と「メルカリID」が連携することで、「メルカリ」での取引1回につき、取引額100円(税込)ごとに1ポイントのdポイントを還元する。貯まったdポイントを、1ポイントあたり1円(税込)として、「メルカリ」での取引に利用できる。

スマホ決済事業の連携では、「メルペイ」ウォレットと「d払い」のウォレットの電子マネー残高とポイント残高の連携、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用の実現を目指す。夏を目途に、両社の決済サービス加盟店の共通化、共同での営業推進を行う予定だ。

現在一部のドコモショップで実施している「メルカリ教室」や「メルカリ」の梱包・配送サポートの全国展開も検討する。

各社が保有する各種データを連携させたfintechサービス、新たなマーケティングや販促ソリューションの開発を検討する。

メルカリとドコモは、2015年4月にキャリア決済のパートナーシップを開始。2019年4月には「メルカリ」で売れたモノが梱包・発送できる「つつメルすぽっと」のドコモショップ内への設置や、同年10月には「メルカリ教室」を共同開催するなど、これまでも多くの取り組みを重ねていた。

提携を記念して、2月4日~24日、「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を実施する。2月の「毎週おトクなd曜日」と組み合わせることにより、「メルカリ」での買い物で「d払い」を利用すると、通常のポイントに加えて、購入金額の最大20%分のdポイントが還元される。

キャンペーン期間中は、「メルカリ」での「d払い」決済1回につき、決済手数料(1回100円)分のdポイント(期間・用途限定)を進呈する。

メルカリは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションに、個人が簡単かつ安心・安全にモノの売買が可能なマーケットプレイスをめざし、2013年7月からフリマアプリ「メルカリ」の提供を開始した。アプリ内の機能改善やオフラインでの顧客体験向上を追求し、サービス開始から約6年で、月間利用者数は約1450万人、年間流通総額5000億円を超えるサービスへと成長した。

メルペイは、「メルカリ」アプリで利用できるスマホ決済サービス「メルペイ」を2019年2月から展開。非接触決済サービス「iD」、コード決済の両方に対応しており、全国170万カ所のさまざまな店舗とECサイトで利用できる。「メルペイスマート払い」を利用することで、事前の銀行チャージ無し(チャージレス)で、商品購入代金を翌月にまとめて支払うことができるなど、独自のサービスも展開しており、利用者数は、2020年1月に600万人を突破した。

ドコモは、7345万を超える会員基盤を持ち、d払い、dポイント加盟店は136万カ所まで拡大した。2018年4月から「d払い」アプリの提供を開始し、ウォレット機能やミニアプリ、コードを「読み取る」・「見せる」に加え「iD」をかざす決済手段を追加するなど、便利でお得な機能の拡充をしている。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧