メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アマゾン/小田原の物流センター従業員が新型コロナウイルス感染

2020年04月02日経営

アマゾンは4月1日、物流拠点である小田原フルフィルメントセンター(小田原FC)で、出荷業務に携わる従業員1人が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と診断されたと発表した。

小田原FCでは、3月24日に別の従業員が同ウイルスに感染したことが判明しており、同ウイルス感染事例は2例目となる。

小田原保健福祉事務所の指導に基づいて直ちに最初の感染者の濃厚接触者2人を特定。同じ時間帯に同じエリアで働いていた24人を加えた26人に対して、3月24日から14日間の自宅待機と健康観察を要請。26人はそれ以降小田原FCにて業務に従事していないという。

今回感染が判明したのは、最初に感染が判明した従業員の濃厚接触者とされていないものの、自宅待機の対象となった24人のうちの1人。同従業員は3月21日を最後に出勤してしていない。

小田原FCでは、3月24日夜から25日早朝にかけて施設の消毒を行い、現在は通常通り稼働。手洗いやうがい、手指消毒の徹底など施設内にて新型コロナウイルス感染症に関する予防施策を取っており、小田原保健福祉事務所に対してこうした施策や消毒作業の手順などについて説明し、理解を得ているとしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方