小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カインズ/新型コロナによる雇用悪化に対応、3000人の雇用枠

経営/2020年06月11日

カインズは6月11日、新型コロナウイルス感染症拡大により、雇用調整や内定取り消し、廃業などの経済的な影響を受けた人々を主な対象として、3000人規模の雇用枠を設け、積極的に人材の採用を行うと発表した。

対象職種は、店舗のアルバイト・パート社員から正社員、本社機能の専門人材まで、幅広く募集する。

今回の採用強化の取り組みは、新型コロナウイルス感染症の影響による社会・経済環境の大きな変化への対応と、カインズが「不連続な変革」を掲げて昨年度より始動させた中期経営計画「PROJECT KINDNESS(プロジェクト・カインドネス)」の推進の両方が背景となっている。

現在の「ウィズ・コロナ」のくらしにおいて、密や接触を避けて買い物ができるデジタル・サービスへの需要は急速に高まった。中期経営計画のもとで加速させてきた「デジタル戦略」の一つ、店頭取り置きサービス「CAINZ Pick Up」も、利用客が急増しており、サービス体制の強化が急務となっている。

カインズは、同中期経営計画のもうひとつの柱として「誇りに思える働きたい会社」を目指し、休日数の増加や、有給休暇取得の促進・義務化などに積極的に取り組んでいる。また、働きやすい環境づくりのためには、店舗の人員数を一段と充足させることが必要となってきている。

カインズは、近年多発している災害の経験から、地域の生活インフラとして、お客のくらしを支える使命を強く認識した。このコロナ禍においても、商品・サービス提供という側面だけでなく、雇用という側面からもこの使命を果たし、地域の新しい日常に寄り添い、より良いくらしづくりに貢献するという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧