メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サントリー/「天然水」ボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを実現

2016年01月08日経営

サントリー食品インターナショナル1月8日は、植物由来原料を30%使用した飲料用ペットボトルキャップを世界で初めて(2016年1月、同社調べ)導入する、と発表した。

<ボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを実現>
ボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを実現

今春、九州熊本工場(熊本県上益城郡)の「サントリー 阿蘇の天然水」(550ml)、年間約2600万本より導入を開始し、順次「サントリー天然水」ブランドで展開していく予定。

これにより、現行ペットボトルキャップに比べ、石油由来原料の使用量を約3割削減し、CO2排出量を21%削減することが可能となった。

同社はこれまでに、「サントリー天然水」(550ml)に植物由来原料を30%使用したペットボトルを採用。

環境負荷低減を目指した取り組みを展開しており、今回の取り組みにより、「サントリー天然水」のボトル・キャップ・ラベル全てで環境に配慮したパッケージを実現した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方