メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

コカ・コーラ/賞味期限の「年月表示」の対象製品を拡大

2016年05月25日経営

日本コカ・コーラは、「日本TCGF」の「サスティナビリティプロジェクト委員会」で策定された自主ガイドラインに基づき、賞味期限の「年月表示」の対象製品を拡大する。

対象製品は、缶製品ではジョージア、綾鷹、爽健美茶、ボトル缶製品はジョージア。

炭酸缶製品では、コカ・コーラ、コカ・コーラゼロ、ファンタ、カナダドライ、ドクターペッパー、リアルゴールドとなる。

2016年6月以降製造分より順次切り替え予定。

<参考例>
参考例

■変更内容:
賞味期限の表示方法変更
【現状】
YYMMDD(表示例) 160225 または 170331
【移行後】
YYYY年MM月(表示例) 2016年04月 ※漢字表記

日本TCGFとは、消費財流通業界の企業が主体となり、日本国内での非競争分野における共通課題の解決に向けて、製・配・販の協働取り組みをおこなう組織。

東日本大震災からの一刻も早い復旧・復興と新しい日本のかたちづくりのために、2011年3月より発足に向けて着手し、2011年8月に設立した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方