小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

湖池屋/「シレラ富良野工場」稼働再開

湖池屋は12月1日、「シレラ富良野工場」を稼働再開する。

同社はふらの農業共同組合と業務提携しており、北海道空知郡南富良野町で同組合が運営している「シレラ富良野工場」にポテトチップスの製造を委託していたが、台風10号による暴風雨にみまわれて以降、浸水により操業を停止していた。

<復旧前の工場内>
復旧前の工場内

<復旧後の工場内 テスト製造の様子>
復旧後の工場内

12月1日から「シレラ富良野工場」での生産再開を記念し、また同社のファンへの感謝の気持ちを伝え、売り上げの一部を北海道を支援する資金として活用してもらいとの思いから「カラムーチョチップス 山わさび味・特製ホットチリ味」において、1袋当たり1円を日本赤十字社北海道支部の活動資金として寄付する。

<カラムーチョチップス 山わさび味・特製ホットチリ味>
カラムーチョチップス 山わさび味・特製ホットチリ味

両製品は12月12日発売開始する。それぞれ内容量は55g、オープン価格。

11月30日に行われた記者会見で、小池孝会長は、「シレラ富良野工場は全体が水没し、約12億円の被害を受けたが、全従業員が復旧に全力をあげて取り組んだ。清掃や機械の入れ替え、保健所などの検査を経て、予想以上に早く操業開始できることになった。工場の被害が報道されてから、全国のお客様から励ましのメッセージをいただき大変感謝している。当社を勇気づけてくださった皆様に感謝の気持ちと北海道の復旧に向け、1袋当たり売り上げ1円を赤十字に寄付させていただく」と話している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧