メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ケンミン食品/カット野菜メーカーとスーパー青果売場で共同提案

2021年03月25日経営

ケンミン食品は3月25日、カット野菜メーカーの名水美人ファクトリーと業務提携すると発表した。

<ケンミン食品、名水美人ファクトリーと業務提携>
20210325kennmin1 - ケンミン食品/カット野菜メーカーとスーパー青果売場で共同提案

スーパーの青果売場向け商品(VEGE BE-FUN カット野菜とチンする焼ビーフン)で販売協力を実施、新商品開発などを連携して行うもの。

<VEGE BE-FUN カット野菜とチンする焼ビーフン>
20210325kenmin2 - ケンミン食品/カット野菜メーカーとスーパー青果売場で共同提案

スーパーのグロサリー売場で販売されている焼ビーフン(乾めん)を、青果売場で販売することは、商習慣上難しく、神明ホールディングスグループの名水美人ファクトリーと2社で取り組むことで、この障壁を超える新しいビジネスモデルを構築を目指す。

九州エリアのスーパーで、青果売場専用焼ビーフン「VEGE BE-FUN カット野菜とチンする焼ビーフン」(希望小売価格税別170円、カット野菜は入っていない)の販売を6月より生鮮売場で開始。7月から中四国・近畿のスーパーの生鮮売場にも導入する。

2021年秋にはキット商品、2022年春には新商品も発売予定で、東日本エリアでの提携先の検討も行っているという。

両社の西日本での知名度や商流を活かし協働で取り組むことで、コロナ禍で広がる内食需要に対応。カット野菜は、購買金額(PI値)が10年間で約3倍に拡大しており、中でも炒め物用などの目的に合わせたカット野菜が2018年以降に大幅な増加に転じている。「VEGE BE-FUN」の販売により、炒め物用のカット野菜のさらなる販売増を図る。

加えて、外食需要の激減で市況低迷が続いている野菜の消費拡大に取り組む。

野菜価格の下落によって、野菜の大量廃棄が行われるなどの食品ロスが問題視される中、野菜の消費拡大と廃棄削減に貢献したい考えだ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月15日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方