流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





セブンイレブン/三重県内50店舗に「ペットボトル回収機」設置

2021年10月20日 10:20 / 経営

セブン‐イレブン・ジャパンは10月20日から順次、三重県津市・松阪市・伊勢市・度会郡玉城町内のセブン‐イレブン50店舗に「ペットボトル回収機」を新たに設置する。

限りある資源の有効な活用と海洋プラスチックごみ対策を目的としたペットボトル回収事業を開始するもので、セブン‐イレブン店舗への「ペットボトル回収機」設置は、三重県では初となる。

<取り組みの概要>
取り組みの概要

セブン‐イレブン・ジャパンは、持続可能な循環型社会を構築するために三重県が推進する「みえスマートアクション宣言事業所登録制度」に2021年2月に登録し、環境負荷低減と、資源循環を推進する取り組みを推進している。

また現在、セブン&アイグループの環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」のプラスチック対策の一つとして地域社会と一体となったボトルtoボトルによるプラスチックのリサイクルと海洋ごみ対策を促進し、「循環経済社会」の実現と海洋プラスチックごみの削減を進めている。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧