メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

スターバックス/カップ、リッド、カトラリーなど使い捨て資材削減施策を拡充

2022年03月17日経営

関連キーワード:

スターバックス コーヒー ジャパンは3月17日、今春から開始・拡大するカップ、リッド、カトラリーなど使い捨て資材削減を目指す4つの施策を発表した。

<使い捨て資材削減を目指す4つの施策を推進>
使い捨て資材削減を目指す4つの施策を推進

環境配慮型素材への切り替えやリユース促進で、スターバックスがグローバルおよび日本において掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減するというグローバル目標を追求するもの。

使い捨てカップ削減のため、フラペチーノなどのアイスビバレッジを店内にて利用する際、樹脂製のグラスで提供する取り組みを、4月18日から国内106店舗で試験導入する。都内数店舗でトライアル運用していた同施策の実験店舗をさらに拡大する。

また、昨年秋より丸の内エリア10店舗で実証実験を開始した、カップを「借りて・返して・再利用する」循環型プログラムの対象店舗を、渋谷エリアのスターバックス9店舗に4月4日より拡大。このプログラムは、繰り返し使える耐久性のある貸し出しカップでドリンクを提供し、店舗に返却、パートナー企業での洗浄を経て再利用する仕組みとなる。

さらに、使い捨てリッド削減を目指し、アイスビバレッジを店内にて利用する際、リッドをせずに提供する取り組みを、4月18日から国内113店舗で先行導入し、2022年夏ごろの全国展開を計画している。

石油由来の使い捨てカトラリー削減のため、全国で3月末からリユーザブルカトラリーと100%植物由来素材のカトラリーに順次切り替える予定だ。

これらの変更により、使い捨てカトラリー使用量を年間最大約44%の削減につなげると共に、年間約60トンの石油由来のプラスチック削減を見込む。

店内で現在も使用中のステンレス製フォーク、ステンレス製ナイフに加え、ステンレス製ヨーグルト用スプーンも導入。TO GO時には、ポリスチレン製の従来品に代えて、100%植物由来で、海水中で生分解する認証「OK Biodegradable MARINE」を取得しているGreen Planet製カトラリーをTO GO用カトラリーとして新たに採用する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方