流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





企業の求める政策/「物価高対策」1位、小売は6割が「個人消費拡大策」希望

2022年07月08日 15:20 / 経営

帝国データバンクが7月6日発表した企業が求める経済関連政策に関するアンケート結果によると、政府に求める経済関連政策について、「物価高対策(事業者への資金繰り支援やガソリン減税・購入費補助など)」(以下、「物価高対策」)が50.8%でトップだった。

<「物価高対策」が50.8%でトップ>
「物価高対策」が50.8%でトップ
※出典:帝国データバンクホームページ(以下同)

続いて、「中小企業向け支援策の拡充」が50.4%、「個人消費の拡大策」が4割超で続いた。

規模別にみると、「大企業」では「物価高対策」が56.1%でトップとなり、「中小企業」では「中小企業向け支援策の拡充」が53.8%で最も高かったという。

業界別でみると、すべての業界で「物価高対策」が上位3項目にランクインしている。

特に原油価格の高騰により大きい影響を受けている「運輸・倉庫」では、物価高対策を求めている企業は72.7%にのぼり、全体(50.8%)を21.9ポイント上回る結果となった。

<小売では6割近くが「個人消費の拡大策」を希望>
小売では6割近くが「個人消費の拡大策」を希望

個人の購買意欲に左右される「小売」では「個人消費の拡大策」(58.8%)の割合が最も高く、全体(43.1%)より15.7ポイント高かった。2位は「物価対策」51.9%、3位「中小企業向け支援策の拡充」だった。

アンケート期間は2022年7月1日~4日、有効回答企業数は1926社(インターネット調査)。

■問い合わせ先
帝国データバンク 
東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343  
E-mail:tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧