流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





22年上半期の飲食業倒産/過去20年間で最少の237件、コロナ関連倒産は141件

2022年07月08日 15:30 / 経営

東京商工リサーチは7月7日、2022年上半期(1~6月)の飲食業倒産(負債1000万円以上)は237件(前年同期比28.1%減、前年同期330件)だったと発表した。

上半期では2021年同期に続く2年連続の減少で、過去20年間で最少になった。

<飲食業の倒産上半期推移>
飲食業の倒産上半期推移
※出典:東京商工リサーチホームページ

新型コロナ関連倒産は141件(3.4%減)で、構成比は59.4%と前年同期(44.2%)から15.2ポイント上昇した。飲食店倒産が減少するなか、コロナ禍の深刻な影響が次第に顕在化している。

業種別では、最多が「酒場・ビヤホール(居酒屋)」の61件(22.7%減)だった。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が全面解除され、通常営業の店舗も増えてきたが、長引くコロナ禍で新しい生活様式が浸透し、客足が戻らず厳しい状況が続いている。業種別の件数で、居酒屋がトップになるのは過去20年間で初めてだという。

コロナ関連倒産の構成比では、食べ歩きや行楽需要の減少などが影響した「持ち帰り飲食サービス業」が75.0%(コロナ関連倒産6件)で最も多かった。続いて、「専門料理店」72.3%(同34件)、「バー、キャバレー、ナイトクラブ」64.2%(同9件)となっている。

<飲食業の業種別倒産状況>
飲食業の業種別倒産状況

資本金別でみると、個人企業を含む「1000万円未満」が191件(構成比80.5%)、負債額別は、「1億円未満」が199件(同83.9%)といずれも8割を超え、小・零細規模を中心に推移している。

資本金「1億円以上」が3年ぶり、負債「50億円以上」が2件(前年同期ゼロ)発生するなど、同社では倒産企業の規模は中堅まで広がっているとみている。

地区別は、唯一、東北10件(42.8%増)が増加した。減少は北海道7件(22.2%減)、関東84件(17.6%減)、中部29件(17.1%減)、北陸5件(66.6%減)、近畿66件(37.1%減)、中国13件(38.0%減)、九州18件(41.9%減)の7地区。四国は前年同期と同件数の5件だった。

■問い合わせ先
東京商工リサーチ 情報部
TEL:03-6910-3155

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧