小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ラオックス、ANAグループ/包括連携協定を締結

ラオックスと全日本空輸、全日空商事(ANAグループ)は3月24日、包括連携協定を締結した。

中国を中心としたインバウンドの拡大と地方活性化への貢献に向けて、さまざまな分野で連携した取組みを推進する。

ラオックスは、国内でいち早く免税事業に着手し、現在では日本最大規模の総合免税店を全国37拠点で展開しており、2017年までには50店体制を目指している。

店舗の運営に関しては、訪日観光旅客に人気の「メイドインジャパンの豊富な商品構成」や「日本式のおもてなしサービス」の拡充に注力している。

訪日観光旅客のニーズの多様化は商品のみならず、サービスにも裾野が広がってきているため、お客の9割が外国人であるラオックスにとって、事業の進化と成長が重要なテーマとなっている。

一方、ANAは現在中国路線において、本邦航空会社として最大のネットワ-ク(10都市23路線)を構築しており、今年4月からは成田=武漢線を開設するなど、中国沿岸部のほか、内陸部へもネットワ-クを拡大している。

日本の魅力を発信する「IS JAPAN COOL?」サイトの開設や、全国47都道府県の「食・お酒・スイーツ・文化」を紹介する「Tastes of Japan by ANA」プロジェクトの展開、訪日旅行者向け国内線運賃「ANA EXPERIENCE JAPAN FARE」を展開し、訪日観光旅客の拡大に向けた各種取り組みを実施している。

今後、ラオックス、ANAグループは両者が有する強みを相互に活用し、多様化するお客のニーズに柔軟に対応するとともに、日本のインバウンド市場の更なる拡大や地方への出店や送客などによる地方活性化に貢献すべく取り組みを推進する。

ラオックスの有する中国をはじめとするアジア圏でのネットワークとANAグループのグローバル展開とを融合した新たなサービスも今後、検討するという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧