小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

下北沢駅高架下/8月に飲食店とイベントパークをオープン

不動産サイト「東京 不動産」や不動産再生のプロデュースを手掛けるスピークと、様々な編集・デザインを手がける東京ピストルは8月、東京都世田谷区の下北沢駅の高架下に、飲食店とイベントスペースをオープンする。

<施設イメージ>
施設イメージ

京王井の頭線下北沢駅徒歩3分の高架下に展開。京王電鉄が進める井の頭線高架橋化工事の一部完了に伴い利用可能となった高架下空間を3年間の期間限定で有効活用する事業「(仮称)下北沢高架下フロシェクト」の一環。

アジアの屋台酒場からインスピレーションを得たカジュアルな食堂・酒場、「(仮称)long va quan(ロンヴァクァン)」が出店。

屋外には、金網フェンスに囲まれた面積約200m2のスペースで「下北沢ゲージ」を設置。一部は飲食店舗の屋外客席を兼ねるスペースとなる。

<施設内イメージ>
施設内イメージ

日常は開かれた公園空間として開放し、夕方から夜にかけては、しばしばナイトマーケット(夜市)の空間となる。

ケージによって囲われつつ、街行く人々が様子を見ることができる空間を活かして、企業PR、食やセカンドハンドのマーケット、アートイベント、映像・映画、パフォーマンス、スポーツなどのイベント利用に貸し出しをする。

地域の行政・商店会・団体等とも連携し、地元の人も日常的に利用できる場所とする。

独特の個性的な文化を積み重ねてきた下北沢の街に新たな表現拠点をつくり出し、同時に街のこれからのオープンスペースのあり方を問う実験的なプロジェクトという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧