小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

レインズ/牛角誕生20周年で、毎月29日に肉の日イベント

レインズインターナショナルは7月29日、肉の日に合わせて東京都品川区の「天王洲アイル店」と兵庫県尼崎市の「南塚口店」で「伝説の2.9キロ大食いチャレンジ企画」を実施した。

完全予約制で、1組4人までのグループで、制限時間90分以内に「カルビ専用ごはん専用カルビ」2.9kgと「カルビ専用ごはん」2.9kgの合計5.8kgに挑戦する企画。

<伝説の2.9キロ大食いチャレンジ企画>
伝説の2.9キロ大食いチャレンジ企画

牛角では、毎年2月29日(肉の日)、8月29日(焼肉の日)、11月29日(いい焼肉の日)の年3回、肉の日にちなんだイベントを実施しているが、今年は牛角が誕生して20周年を迎えるため、毎月29日に肉の日のイベントを実施する。

今回は、5月に実施したヒレ肉の希少部位「シャトーブリアン」を含む食べ放題企画、6月に実施した霜降り上タン塩290円で食べ放題企画に続く、第3弾。

<イベント開始>
イベント開始

参加費は、1人税別290円で、食べきれなくてもペナルティーはない。完食すると1組につき全国の牛角で使える1万円分の食事券を進呈する。

「ペナルティーをなくすことで、無理して大食いするのではなく、楽しく笑顔で楽しめる企画を目指した」という。

Yahoo!予約飲食店ネット予約限定プランで7月20日16時から予約を開始したところ、16秒で予約が完売した。

<チャレンジ中>
チャレンジ中

天王洲アイル店では、大学生を中心に12組46人が挑戦した。天王洲アイル店は、カルビの注文率が日本一高い店舗で、食べ放題コースでは1人当たり3.5皿のカルビを注文しているため、イベント実施店舗となった。

南塚口店は、逆にカルビの注文率が日本一少なく、食べ放題コースは1人当たり1.1皿のカルビしか注文していない。そこで、カルビの美味しさをあらためて広めるためにイベント店舗とした。

<鬼越トマホークが司会>
鬼越トマホークが司会

天王洲アイル店では、吉本興業所属のお笑いコンビ「鬼越トマホーク」が司会を務めた。挑戦中の参加者を激励し、完食者への食事券進呈などの進行を務めた。

12組中、東京電機大学の学生グループ、IT系企業の同僚グループ2組の合計3組が完食し、1万円分の食事券を進呈した。南塚口店では、4組が挑戦し1組が完食をした。

次>> 今回の挑戦は1人あたり約1.5kg

次へ> 1 2
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧