メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

飲食店店長が選ぶバイト求人媒体/1位はタウンワーク、2位はバイトル

2017年12月06日トピックス

ツナグ働き方研究所は、飲食店店長が選ぶアルバイト求人媒体ベストテンを発表した。

<求人媒体の利用状況>
求人媒体の利用状況

200名の飲食店店長にアンケートを実施。空前の人手不足に悩む現場の店長が、実際どのようなアルバイト・パート媒体を利用しているのか、その実態に迫った。

利用媒体の1位はタウンワーク。2位がバイトル、以下、フロム・エー ナビ、マイナビバイト、anとトップ5は全国メジャー媒体が名を連ねた。

<店長の経験年数別の求人媒体利用状況>
店長の経験年数別の求人媒体利用状況

店長の経験年数によって利用する媒体の傾向が違うこともわかった。経験10年以上の店長は、タウンワークの利用度が断トツ。2~5位にメジャー媒体が並び、6位以下はLINEバイトを除いて総じて利用度が低いという傾向となった。

一方で経験5年未満の店長は、6位以下の新興媒体利用が高く、特に8位以下のグルメキャリー、indeed、フーズフーはほぼ経験5年未満の店長のみが反応しているという。

■「飲食店店長・店長経験者 意識実態調査」調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年7月21日~7月25日
調査対象:飲食業の店長経験者(現職、過去経験含む)/全国20~50代男女200名

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方