メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

楽天/中国大手ECサイトと戦略的提携

2016年06月15日海外経営

楽天は6月15日、中国の大手インターネットサービス企業、NetEase(ネットイース)の子会社HQG(エイチ・キュー・ジー)と、高品質な日本製品を中国の消費者に提供するため、戦略的提携をしたと発表した。

楽天市場は、同日から、HQGが運営する越境(クロスボーダー)ECサイト「Kaola.com」内に楽天市場の旗艦店を出店し、中国の消費者に日本製の高品質な人気商品を販売した。

同店舗で取り扱う日本の各ブランドは、ネットイースが運営するさまざまなオンラインメディアを通じて紹介される。

Kaola.comは2015年1月の開設以来、直販型ECサイトとして、日本、韓国、米国、オーストラリアやヨーロッパ発の人気ブランド数百点を販売しており、中国全土8億人超のネットイースユーザーが利用可能なプラットフォームとして、急成長を遂げているという。

■楽天市場旗艦店
http://rakuten.kaola.com/

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方