メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大塚家具/通期業績予想を上方修正

2016年01月27日決算

大塚家具は1月27日、2015年12月期の業績予想の修正を発表した。

売上高580億400万円(前回予想比2.0%増)、営業利益4億3700万円(297.8%増)、経常利益6億3300万円(175.2%増)、当期利益3億5900万円(299.2%増)。

2015年12月期第3四半期累計期間の業績は、概ね予想どおりの結果となった。

第4四半期に入り、11月から開催した「全館全品売りつくし」による売上寄与などにより、売上高は前回予想を上回る見込み。

同催事の影響により売上総利益率が想定を下回る一方で、売上総利益額は想定を上回る見込み。

販売費・一般管理費のコントロールと設備投資の遅延などにより、営業利益、経常利益、当期利益は増益となる見通しだ。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方