小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンリート/2016年1月期は増収増益

イオンリート投資法人が3月15日に発表した2016年1月期(2015年8月1日~2016年1月31日)の運用状況は、売上高94億600万円(前期比2.6%増)、営業利益35億8800万円(2.4%増)、経常利益30億4800万円(2.4%増)、当期利益30億4100万円(2.4%増)となった。

期末で所有する不動産は、国内外の23物件、取得価額の合計は1943億6300万円となっている。

有利子負債残高は754億円となり、LTV(本投資法人の保有する資産総額に対する、有利子負債残高に預り敷金及び保証金並びに信託預り敷金及び保証金を加えた額の割合)は40.8%。

長期有利子負債比率(有利子負債合計に対する長期有利子負債(1年内返済予定の長期借入金を含む)の割合)は100.0%と金利の固定化比率(有利子負債合計に対する金利支払いが固定化された有利子負債(金利スワップで固定化された有利子負債を含む)の割合)は87.1%となり、LTVとあ
わせて、引き続き健全かつ保守的な財務体質を保持しているという。

2016年7月期の運用状況の予測は、売上高111億9000万円(19.0%増)、営業利益41億8500万円(16.6%増)、経常利益35億4200万円(16.2%増)、当期利益35億3400万円(16.2%増)。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧