小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ワタミ/4~6月は売上高29.1%減、営業損失5億9100万円

ワタミの2017年3月期第1四半期決算は、売上高244億6000万円(前年同期比29.1%減)、営業損失5億9100万円(前期は9億5400万円の営業損失)、経常損失5億6800万円(12億4500万円の経常損失)、当期損失6億4500万円(15億4200万円の当期損失)となった。

外食事業の売上高は114億7200万円(1.5%増)、営業損失は4億3800万円(5億300万円の営業損失)となった。1店を新規出店した一方で、10店の撤退を行い、期末店舗数は484店となった。

あわせてコスト削減施策等を引き続き実施し、黒字化に向けた改善をすすめた。

宅食事業の売上高は87億3200万円(5.2%減)、営業利益は5億3000万円(54.3%増)となった。宅食事業にの営業拠点数は537か所となった。

6月の最終週における調理済み商品の平日1日あたり届け数は22万1000食となった。新規顧客獲得に苦戦しているが、商品製造拠点における生産性向上を図った。

海外外食事業の売上高は34億8300万円(15.4%減)、営業損失は7300万円(2億1100万円の営業損失)となった。海外外食事業では、3店の新規出店を実施し一方で、4店の撤退を行い、期末店舗数は96店となった。

香港など好立地における新規出店の一方で、不採算店舗の撤退などによる収益改善に努めた。

通期は、売上高1000億円、営業利益1億円、経常利益2億円、当期利益2億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧