小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三越伊勢丹HD/免税売上高や高額品不調で業績予想を下方修正

三越伊勢丹ホールディングスは10月28日、2017年3月期通期業績予想の修正を発表した。

売上高1兆2500億円(前回予想比8.1%減)、営業利益240億円(35.1%減)、経常利益250億円(34.2%減)、当期利益130億円(50.0%減)とした。

第2四半期(累計)は、免税売上高と宝飾・時計などの高額品や衣料品の売上高が予算未達となり、主力の国内百貨店の売上高合計が約8%予想を下回る見込み。

営業利益、経常利益、当期利益も予想を下回る見込みになった。

足元の業績動向を踏まえ、通期の業績予想を見直した結果、売上高と各段階利益もそれぞれ前回予想を下回る見通しとなった。

なお、特別損失として三越千葉店と三越多摩センター店の営業終了に伴う損失などを見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧