小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コーナン商事/2月期は売上高0.6%増、営業利益10.4%増

コーナン商事が4月11日に発表した2017年2月期決算は、売上高3047億8900万円(前年同期比0.6%増)、営業利益160億8100万円(10.4%増)、経常利益145億6200万円(12.8%増)、当期利益60億7200万円(0.5%増)となった。

店舗拡充の分野では、ホームセンター6店、コーナンプロ6店を出店したほか、ホームセンター6店を閉店したため、期末店舗数は319店(ホームセンター264店、コーナンプロ55店)となった。

商品部門別では、ホームインプルーブメント部門が木材・建材、工具、金物・水道等が堅調に推移した。

ハウスキーピング部門では日用品、薬品等が堅調に推移したものの、インテリア用品、収納用品等は伸び悩んだ。ペット・レジャー部門では、ペット用品が堅調に推移した。

円高を背景とした値入率の改善等により、売上総利益率は36.6%と前期比0.7%向上し、売上総利益は1065億8200万円(2.8%増)となった。

売上総利益が28億8500万円増加し、販売費・一般管理費は12億3400万円の増加にとどまったことから、営業利益は15億1300万円増加した。

当期利益は、減損損失を38億5500万円計上したものの、好調な業績から増益となり、60億7200万円(0.5%増)となった。

来期は、売上高3139億5000万円、営業利益177億円、経常利益160億円、当期利益90億円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧