小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

相鉄/3月期の流通業、減収増益

相鉄ホールディングスが4月27日に発表した2017年3月期の流通業の業績は、売上高1092億6600万円(前年同期比1.1%減)、営業利益22億6200万円(12.6%増)となった。

スーパーマーケット業は、伊勢原市に「そうてつローゼン伊勢原駅前店」を開業し、海老名市の「そうてつローゼンさがみ野店」をはじめ43店舗において改装等、店舗の活性化を実施した。

引き続き惣菜部門の充実、取扱商品数の拡大、地域性を活かした商品及び上質商品の導入を強化する等、収益力の向上を図ったほか、徹底したコストの削減にも努めた。

相鉄線大和駅構内に「ファミリーマート相鉄大和駅店」を、相鉄いずみ野線いずみ野駅構内に「ファミリーマート相鉄いずみ野駅店」を開業し、事業基盤の拡充を図った。

流通業の次期業績予想は、売上高1082億円(1.0%減)、営業利益21億円(7.2%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧