メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

エディオン/4~6月の営業利益87.9%減、当期利益9900万円

2017年08月04日決算

エディオンが8月4日に発表した2018年3月期第1四半期決算は、売上高1500億2200万円(前年同期比2.0%減)、営業利益1億3200万円(87.9%減)、経常利益3億1700万円(76.4%減)、当期利益9900万円(85.7%減)となった。

グループでは、積極的な出店を行い売上の拡大を図ったほか、4月より「エディオンネットショップ」をリニューアルオープンし、ポイントや保証を統一するなど、ネットとリアル店舗を融合させた利便性の高いECサイトの運営を開始した。

中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取り扱いを開始し、訪日外国人の顧客の利便性向上によるインバウンド消費の拡大も図った。

店舗数は、フランチャイズ店舗762店舗を含めて、1188店舗となった。

通期は、売上高7000億円(3.8%増)、営業利益160億円(4.8%増)、経常利益165億円(3.1%増)、当期利益90億円(31.4%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方