小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

三陽商会/2017年12月期、自社ブランド強化、営業赤字大幅縮小

三陽商会が2月14日に発表した2017年12月期通期の連結決算は、売上高625億4900万円(前期比7.5%減)、営業損失19億700万円(前年同期は84億3000万円の赤字)、経常損失19億4100万円(81億9600万円の赤字)、純損失10億2500万円(113億6600万円の赤字)となった。

不採算ブランド・売場の撤退をするなど事業構造改革を推進し、経営の立て直しに向け、一層の効率化を図った。

同時にマッキントッシュ ロンドン、マッキントッシュ フィロソフィー、ポール・スチュアート、ブルーレーベル/ブラックレーベル・クレストブリッジなど大型ライセンス事業、エポカ、ラブレス・ギルドプライム、100年コートに代表されるサンヨーコート、三陽山長などコーポレートブランドなどの自社基幹事業の強化に向け、注力した。

2018年12月期通期の連結決算は、売上高630億円(前期比0.7%増)、営業利益5000万円、経常利益1億円、純利益25億円を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧