メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日清製粉/4~6月、製粉事業・食品事業共に増収増益

2018年07月27日決算

日清製粉グループ本社が7月26日に発表した2019年3月期第1四半期決算は、売上高1412億7100万円(前年同期比8.0%増)、営業利益72億6000万円(17.4%増)、経常利益90億5200万円(13.7%増)、当期利益60億8300万円(10.2%増)となった。

<日清製粉グループ本社のホームページ>
日清製粉グループ本社のホームページ

製粉事業の売上高は606億8300万円(5.7%増)、営業利益26億2500万円(33.7%増)だった。

消費者の節約志向の継続等を背景とした厳しい市場環境の中、新規顧客の獲得を進め、国内業務用小麦粉の出荷は前年並みとなった。

4月に輸入小麦の政府売渡価格が5銘柄平均で3.5%引き上げられたことを受け、6月に業務用小麦粉の価格改定を実施した。

生産・物流面では、食品安全の取組みを引き続き推進するとともに、生産性向上と固定費削減に取り組んだ。

食品事業の売上高は652億6600万円(2.9%増)、営業利益37億8100万円(7.4%増)だった。

加工食品事業は、家庭用では、生活者の個食化・簡便化などのニーズにこたえ、好評のボトルタイプ製品の拡販を図ったほか、テレビCMをはじめとした広告宣伝活動、デジタルマーケティングの活用等、消費を喚起する施策を実施した。

業務用では、顧客ニーズに合わせた新製品の投入、新規顧客獲得に向けた提案活動を実施した。中食・惣菜は、幅広いカテゴリーの製品をフルラインアップで供給できる総合中食・惣菜事業を展開し、順調に拡大した。

加工食品事業の売上は、家庭用新製品、中食・惣菜等が好調に推移し、前年を上回った。

通期は売上高5650億円(4.6%増)、営業利益275億円(1.1%増)、経常利益320億円(0.6%増)、当期利益220億円(3.1%増)の見通し。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方