メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

フジ/3~8月、7月豪雨の影響により営業収益2.1%減

2018年10月09日決算

フジが10月9日発表した2019年2月期第2四半期の連結決算は、営業収益1558億3800万円(前年同期比2.1%減)、営業利益34億4900万円(1.0%増)、経常利益41億3800万円(1.2%減)、純利益20億3000万円(11.2%減)となった。

「平成30年7月豪雨災害」の直接的な被害だけでなく、交通網の寸断や風評被害による観光客の減少、自粛ムードの広がりや消費マインド悪化による買い控えなどの間接的な要因となり、減収となった。

2019年2月期通期の連結決算は、営業収益3220億円(前期比1.6%増)、営業利益86億円(18.8%増)、経常利益105億円(17.4%増)、純利益61億円(8.8%増)を予想している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方