小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

いなげや/3月期は減損損失計上で当期損失13億円

いなげやが5月8日に発表した2019年3月期決算によると、営業収益2516億5500万円(前年同期比1.3%減)、営業利益22億7900万円(36.6%減)、経常利益25億8300万円(32.8%減)、親会社に帰属する当期損失13億400万円(前期は11億4100万円の利益)となった。

<いなげや>
いなげや

売上高は減収となったが、ロス削減への取り組みとして発注支援型システムの導入などにより発注精度の向上を行い、売上総利益率は0.4ポイント上昇し、売上総利益は701億6900万円(0.0%増)と増益になった。

一方で、販売費・一般管理費は人手不足などによる配送コストの上昇や水道光熱費の上昇、新規出店による地代家賃の増加などに伴い765億7700万円(1.5%増)となったため、営業利益は減益となった。

三浦屋の株式取得時に発生したのれんについて10億5500万円、固定資産について16億3800万円と合計26億9300万円の減損損失を計上したことで、当期損失となった。

スーパーマーケット事業の売上高(外部顧客)は2003億7700万円1.6%減)、営業利益は8億7700万円(58.4%減)となった。

いなげやにおいて練馬関町店(東京都練馬区)、ブルーミングブルーミーひばりが丘パルコ店(東京都西東京市)、飯田橋店(東京都新宿区)の3店を新設し、一方4店を閉鎖した。

既存店の活性化を引き続き推進し、三郷戸ヶ崎店(埼玉県三郷市)、大和相模大塚駅前店(神奈川県大和市)など合計18店の改装を実施した。

三浦屋では、1店を閉鎖し、コピス吉祥寺店(東京都武蔵野市)を改装した。期末店舗数は、いなげや139店、三浦屋11店、合計150店となった。

ドラッグストア事業の売上高は419億4600万円(1.2%増)、営業利益は11億5400万円(6.7%減)となった。

調剤薬局西府駅前店(東京都府中市)、調剤薬局田無芝久保店(東京都西東京市)、調剤併設店の東村山東口店(東京都東村山市)、ドラッグストアの東大和駅前店(東京都東大和市)の4店を新設し、一方、4店を閉鎖した。

既存店の活性化を引き続き推進し、相模原原当麻店(相模原市南区)など9店の改装を実施した。これにより、期末店舗数は132店となった。

次期は、営業収益2550億円(1.3%増)、営業利益23億円(0.9%増)、経常利益26億円(0.6%増)、親会社に帰属する当期利益5億円を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧