小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/9~5月海外ユニクロとジーユー好調で増収増益

決算/2019年07月11日

ファーストリテイリングが7月11日に発表した2019年8月期第3四半期決算によると、売上収益1兆8228億7700万円(前年同期比7.0%増)、営業利益2476億8800万円(3.7%増)、税引前利益2472億1100万円(4.1%増)、親会社に帰属する当期利益1586億6800万円(7.0%増)となった。

<ユニクロ>
ユニクロ

9カ月累計の売上収益は1兆8228億円(7.0%増)、営業利益は2476億円(3.7%増)と増収増益となり、過去最高の業績を更新した。第3四半期3カ月間でも増収増益で、海外ユニクロ事業、ジーユー事業の好調な業績が継続した。

国内ユニクロ事業の9カ月累計の売上収益は7010億円(0.5%減)、営業利益は967億円(19.5%減)と、減収減益となった。

売上総利益率は、上期では暖冬の影響による値引率が拡大したこと、第3四半期では春夏在庫の早期処分により、2.4ポイント低下しました。売上高販管費率は、ICタグ(RFID)の活用により、レジや店舗業務の効率化で店舗人件費比率が低下した一方で、Eコマース販売の拡大や在庫増による物流費比率が上昇したこと、有明倉庫の自動化投資に伴う減価償却費の増加などにより、0.9ポイント上昇した。

第3四半期3カ月間では、既存店売上高(Eコマース含む)は0.1%の減収となったことから、売上収益は、0.5%減となった。

スウェット、UVカット、レギンス、Tシャツなどの販売が好調に推移したものの、「ユニクロ誕生感謝祭」の開催日を6月へ後ろ倒ししたことにより、商売規模の大きな5月の既存店売上高が減収となり、3カ月間でも若干の減収となった。

Eコマース売上高は190億円(16.1%増)で、売上構成比は、前期の7.8%から9.1%へと上昇した。収益面では、春夏商品の在庫処分を早めたことによる値引率の拡大で、売上総利益率は低下、売上高販管費率も上昇したことにより、営業利益は7.5%の減益となった。

海外ユニクロ事業の第3四半期3カ月間の売上収益は2405億円(15.3%増)、営業利益は363億円(14.9%増)と、計画どおりの増収増益だった。

地域別では、グレーターチャイナ、東南アジア・オセアニア地区が2桁の増収増益と、好調な業績が継続した。韓国は若干の減益、米国は赤字幅縮小も、計画を下回った。欧州は減益だった。

9カ月累計の営業利益は1248億円(11.1%増)と、増益基調が続いている。

通期は、売上収益2兆3000億円(8.0%増)、営業利益2600億円(10.1%増)、税引前利益2600億円(7.1%増)、親会社に帰属する当期利益1650億円(6.6%増)を見込んでいる。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧