メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

クリエイトSD/5月期、新型コロナの商品需要で増収増益

2020年07月13日決算

クリエイトSDホールディングスが7月13日に発表した2020年5月期決算によると、売上高3195億8800万円(前年同期比11.6%増)、営業利益177億9300万円(24.9%増)、経常利益182億1000万円(24.5%増)、親会社に帰属する当期利益122億5400万円(26.1%増)となった。

ドラッグストア事業は、小商圏において繰り返し来店してもらうための利便性の向上や健康サポート機能を付加することによる専門性の向上に継続して取り組んだ。

売上高は、前期からの新規出店による店舗数増加や、調剤部門が堅調に推移したことに加え、消費税増税前の駆け込み需要に対する施策、自社電子マネー機能付きポイントカード「おさいふHippo」の導入・利用推進施策の奏功、さらには新型コロナウイルス感染拡大に伴う商品需要も加わり前期及び計画を上回る結果となった。

利益面も、人件費の上昇やキャッシュレス推進に伴う経費増加要因があったが、上記施策などによる増収効果により前期と計画を上回った。

ドラッグストアの新規出店は、ビューティ強化型のCremo(クレモ)を含め28店舗の新規出店をした。一方で契約期間満了により1店舗、経営効率化の観点から1店舗を閉鎖した。

調剤薬局は、地域医療に貢献するため、健康サポート機能を有する「かかりつけ薬局」を目指し、薬剤師の育成に注力するとともに地域での医療連携の強化及び在宅医療への対応拡大を推進した。それに伴い処方せん応需枚数も順調に増加した。

調剤薬局の新規出店は、調剤専門薬局を1店舗、ドラッグストアへの併設調剤薬局を22店舗開局した。一方で経営効率化の観点から調剤専門薬局1店舗を閉局した。

グループの期末店舗数はドラッグストア625店舗、調剤薬局では調剤専門薬局34店舗、ドラッグストアへの併設調剤薬局196店舗の合計230店舗となり、子会社化によりスーパーマーケット5店舗、有料老人ホーム事業では介護付有料老人ホーム2施設、デイサービス事業ではデイサービスセンター39施設となった。

次期は、売上高3337億円(4.4%増)、営業利益165億2000万円(7.2%減)、経常利益169億3000万円(7.0%減)、親会社に帰属する当期利益112億9000万円(7.9%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月08日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方