小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ブルーボトルコーヒー/日本で開発した「コーヒーカクテル」発売

ブルーボトルコーヒージャパンは7月11日、社内で実施した「コールドブリュー・カクテル コンペティション 2018」で選ばれたコーヒーカクテル「ミッドサマー」(税別520円)と「カスカラ パイン」(550円)を国内全9店舗で夏期限定発売する。

<ミッドサマー、カスカラ パイン>
ミッドサマー、カスカラ パイン

日本のブルーボトルコーヒーでコーヒーカクテル(ノンアルコール)を発売するのは今回が初めてとなる。

近年、アイスコーヒーの楽しみ方が多様化している。アメリカでは、アイスコーヒーに炭酸やフルーツなどを加えて、爽やかなカクテルのように飲むスタイル「コーヒーカクテル」が人気を集めている。

アメリカのブルーボトルコーヒーでも、3つの店舗にコーヒーカクテル専用の「コールド・バー」を設けている。

ブルーボトルコーヒージャパンでは今夏、水出しコーヒーの「コールドブリュー」を使ったカクテルコンペティションを開催。28の個性豊かなレシピが寄せられた。

日本での1次審査を通過したレシピは、本社のあるカリフォルニア州オークランドで再現され、公正な評価となるように、作者名を伏せた状態で試飲が行われた。

創業者のジェームス・フリーマンをはじめ、クオリティコントロールやトレーニングの部門から集まった審査員たちが、Delicious(素材の味を生かしているか)、Innovative(新しい価値を生み出しているか)、Refreshing(夏らしい爽快感があるか)の観点から審査を行い、2つの作品を選んだ。

「ミッドサマー」は、中目黒カフェのカフェリーダー(店長)である鈴木理恵さんが開発。

マスカットのような爽やかな甘さが特徴のハーブ「エルダーフラワー」のシロップと、フルーティなシングルオリジンのコールドブリューを合わせ、炭酸水で割った。

仕上げに絞るライムの香りが、真夏の暑さをクールダウンさせる、爽快感溢れるドリンク。

「カスカラ パイン」は、物流と購買を担当する笹山智彦さんが開発した。

カスカラは、スペイン語の「籾(もみ)」を由来とし、コーヒーの果実から種(豆)を取り除いて乾燥させたもの。

ブルーボトルコーヒーの「カスカラフィズ」は、店で抽出したカスカラティーに有機レモンと有機砂糖を加え、天然水から作られた炭酸水で割った低カフェインドリンク。

今回、パイナップルが加わることで、カスカラフィズとはまた違ったテイストを感じる、爽やかな味わいの1杯に仕上げた。

9月2日販売終了予定。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

PR記事

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧