メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ミニストップ/中身が見える冷凍弁当を関東地区で先行販売

2018年10月02日商品

ミニストップは10月2日、関東地区のミニストップ(8月末現在987店)で、中身が見える冷凍弁当「ピタッと冷凍オリジナルワンプレートごはん」シリーズを先行発売した。

<チーズハンバーグ&バターライス>
チーズハンバーグ&バターライス

「チーズハンバーグ&バターライス」と「ハンバーグ&ピラフ」「オムライス&トマトチキン」「鶏つくね&黒米ご飯」(各税込449円)の4種類を発売した。

単身世帯や共働き世帯の増加、有識女性の増加、高齢化社会などの社会的背景を踏まえ、冷凍食品の強化を図る一環。

今回、気軽に食べられる簡便性の高い一食完結型の冷凍弁当を発売する。関東地区で先行導入後、順次、取り扱いを拡大する。

<ハンバーグ&ピラフ>
ハンバーグ&ピラフ

オリジナルワンプレートごはんは、斬新な見た目で中身が見える商品設計で、食材の鮮度や見た目を鮮やかに保つピタッと密着した包装を採用した。

簡便性と保存性を両立するため、レンジ調理の一食完結型であるとともに、冷凍食品とすることで、買い置き需要へ対応する。

彩り豊かな食材を配置、一部雑穀入りごはん使用することで健康感を打ち出した。

実験販売では、通常の弁当に比べ女性の購入比率が高く、保存料を使用していない点や冷凍庫で買い置きできる保存性がうけ、複数購入もあった。

<オムライス&トマトチキン>
オムライス&トマトチキン

チーズハンバーグ&バターライスは、574カロリーで、チーズソースでまろやかに仕上げたジューシーなハンバーグに、バターライスを組み合わせた。

ハンバーグ&ピラフは472カロリーで、ジューシーなデミグラスソースハンバーグに、アメリケーヌソース・ブイヨンを使用したピラフを組み合わせた。

<鶏つくね&黒米ご飯>
鶏つくね&黒米ご飯

チーズハンバーグ&バターライスとハンバーグ&ピラフで使用するハンバーグは、特別なオーブンを使用し、表面を素早く焼き上げ肉汁を閉じこめているため、ふっくらでジューシーな食感が特長という。

オムライス&トマトチキンは412カロリーで、トマトとチキンの豊かな旨みのチキンライスとふんわり卵のオムライスに、トマトソースの一口大チキン、揚げなす、ブロッコリーをトッピングした。[

<ワンプレートごはんのPOP>
ワンプレートごはんのPOP

鶏つくね&黒米ご飯は404カロリーで、香ばしい醤油だれがきいた軟骨入り鶏つくねと、もち麦入り黒米ご飯の和風ワンプレートごはんに仕上げた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方